大月町
トップ  >  環境・観光立町を目指した取り組みが進む町 大月町
【すごい自然がいっぱい】
環境・観光立町を目指した取り組みが進む町 大月町
■私たちが相談にのります。
まちづくり推進課 企画政策係
連絡先:TEL 0880-73-1181 FAX 0880-73-1733
メールでのお問い合わせはこちら
担当からのメッセージ:大月町に移り住みたいと考えておられる方、どんなことでもお気軽にご相談ください。
■役場所在地
〒788-0302
高知県幡多郡大月町弘見2230番地
TEL(代表) 0880-73-1111

アクセス
高知市から約150q
車 :約2時間30分(高知−四万十町間高速道路利用)
JR:約2時間20分(高知−宿毛間利用)

松山市から約160q
車:約3時間(松山−西予宇和間高速道路利用)

マップ
■大月町の情報
■人口:5,456人(平成28年4月1日現在)
■面積:103.04平方キロメートル
■歴史 / 文化 / 地理 / 気候
  • 大月町は昭和32年2月11日に旧大内町と旧月灘村が合併して誕生し、平成19年2月11日に大月町制施行50周年を迎えました。
  • 県の無形文化財に指定されている「竜ケ迫の獅子舞」や町の無形文化財に指定されている「赤泊の太刀踊り」、郷土芸能伝承保存会による「土佐乃国大月赤太鼓」が青年に受け継がれ様々な行事やイベントなどで披露されています。
  • 高知県の西南端に位置し、土佐湾と豊後水道に面し、黒潮の影響もあって年間を通して温暖な気候です。
竜ケ迫の獅子舞 赤泊の太刀踊り
竜ケ迫の獅子舞 赤泊の太刀踊り 土佐乃国大月赤太鼓
■セールスポイント
  • 柏島は周囲約4qの海に囲まれた人口約500人の小さな島ですが、沖合いを流れる黒潮と、瀬戸内からの内海水がぶつかる海域で、1,000種を越える魚類が生息し、その数なんと日本一。造礁サンゴも123種と沖縄トカラ列島に次ぐ規模です。
  • また、ダイビングだけでなく、釣りやキャンプ、海水浴に日本中からたくさんの人が訪れます。平成15年には「釣りバカ日誌14」のロケも行われました。
  • さらに柏島では、昭和52年に地元漁師により世界で最初と言われる本マグロの養殖が行われ、成功し日本中に出荷されています。
  • 松谷みよ子さんの民謡「お月さんももいろ」で有名な宝石サンゴ(桃色サンゴ、血赤サンゴ)は江戸時代(土佐藩)に始まったと言われ、昭和27年ごろから始まった加工技術は現在も引き継がれています。
  • 高さ100mあまりの海食断崖絶壁が数q続く大堂海岸は、訪れる人を拒むような荒々しい雰囲気をかもしだしています。また、高さ30mの観音岩もあります。
  • 樫西海岸は荒々しい雰囲気の大堂海岸と違い、静観な雰囲気をかもしだしています。海水浴場やキャンプ場も整備されており、夏場には多くの観光客で賑わいます。
  • 宿毛湾を望むムクリ山(通称)の尾根に平成18年、総発電量12,000kw(1,000kw級12基)の風力発電所「大月ウィンドファーム」が完成しました。
柏島 礁サンゴ 大堂海岸
柏島 造礁サンゴ 大堂海岸
観音岩 樫西海岸
観音岩 樫西海岸 大月ウィンドファーム
■税金・公共料金な情報(平成28年4月1日現在)
固定資産税 PDF版をご覧下さい。
町県民税
法人税
軽自動車税
国民健康保険税
水道料金(消費税込)平成28年4月1日現在
口径13mm(一般家庭用)
基本料金(10m3) 1,190円
メーター使用料 110円
超過料金(1m3あたり) 150円
指定ごみ袋
可燃・不燃ごみ袋   大袋 50円/枚 小袋 30円/枚
※粗大ごみ1つにつき、ごみ袋1枚をつけて出してください。
■医療機関
☆内科
大月町国保大月病院 大月町鉾土603 TEL 0880-73-1300
西村医院 大月町弘見1422-7 TEL 0880-73-0027
社団法人幡多医師会のホームページにも掲載しています。
☆歯科
大月町国保大月病院
(歯科口腔外科)
大月町鉾土603 TEL 0880-73-1300
ながおか歯科 大月町弘見2103-2 TEL 0880-73-1818
佐々山歯科 大月町弘見2066-5 TEL 0880-73-0773
■保育所、小学校、中学校、高等学校
☆保育所(現在、休校中の保育所は掲載していません)
町立弘見保育所 大月町弘見1630 TEL 0880-73-0146
町立柏島保育所 大月町柏島173-1 TEL 0880-76-0425
町立つきなだ保育所 大月町姫ノ井700 TEL 0880-74-0032
☆小学校
町立大月小学校 大月町弘見2406-1 TEL0880-73-0004
☆中学校
町立大月中学校 大月町弘見2400 TEL 0880-73-0040
■その他の主な施設
公共施設一覧をご覧下さい。
■主なまつり・イベント等
1月 古満目地区水浴びせ(2日)
成人式典(3日)
3月 観光びらき(中旬)
4月 夜桜音楽会(上旬)
つつじまつり(中旬〜下旬)
5月 わんぱくフェスティバル(5日)
8月 大月まつり(中旬)
10月 音無神社太刀踊(22日)
11月 産業祭(3日)
文化展(上旬)
12月 イルミネーションイベント
■滞在情報
宿泊施設ページでご確認下さい。(大月町観光協会)
■その他
■史跡
・月山神社
四国八十八ケ所番外札所として現在も多くの巡礼者が訪れています。また、同一敷地内に建てられている月山大師堂の天井には、河田小龍などの絵金や絵馬が58点奉納されています。
・柏島石堤
江戸時代、集落を風波から護るため土佐藩家老野中兼山により築かれた堤防(県有形文化財)が残っています。
当時としては非常に規模が大きく、江戸初期の土木構造物として歴史的評価価値が高いものとされています。昭和28年1月29日、高知県有形文化財に指定されました。
・僧慶禅の墓
「土佐の高知のはりまや橋で坊さんかんざし買うを見た・・・」よさこい節の主人公、純信とお馬の悲恋物語は全国的に有名ですが、実際にお馬に「かんざし」を買ったのは純信の弟子、僧慶禅です。
慶禅もお馬に恋をしていたことから、心を射止めるために「かんざし」を贈ったとされています。 慶禅は、天保2年(1831年)に大月町柏島護念寺13代目の4男として生まれ、明治14年2月1日、51歳でこの世を去りました。今は護念寺に眠っています。
月山神社 柏島石堤 僧慶禅の墓
月山神社 柏島石堤 僧慶禅の墓
■伝統文化
・竜ケ迫の獅子舞
明治25年5月、愛媛県北宇和郡の行商人が竜ケ迫地区に伝えたとされています。手がい子が太鼓打ちを兼ねるところに大きな特色があり、他の地域に伝わる獅子舞とは異なります。
昭和44年8月8日、高知県無形文化財に指定されました。
・赤泊の太刀踊り
壇ノ浦の戦いで源氏に敗れた平家の残党が赤泊地区に落ち延び、祠を建てて音無大明神と大山積命を奉り悪病退散、五穀豊穣を祈って剣舞を奉納したのが始まりとされています。昭和43年5月7日、大月町無形文化財に指定されました。
・水浴びせ
寛文2年(1662年)、古満目地区の大半を焼失した大火がもとで同地区の春日神社で行われるようになったと伝えられる奇祭。
毎年、正月2日に行われ、浴衣一枚を身につけた青年に海水を浴びせるというもの。
竜ケ迫の獅子舞 赤泊の太刀踊り 水浴びせ
竜ケ迫の獅子舞 赤泊の太刀踊り 水浴びせ
■郷土料理
・へら寿司
ぶりの切り身の中に酢飯を入れた田舎料理。食べ頃は12月〜2月頃。
・さつま汁
生魚や焼魚の身と落花生、みそ、だし汁をすり鉢に入れ長時間混ぜ合わせると完成。あついご飯にかけて食べるのが一般的。大月町に伝わる漁師飯。
・ひがしやま
糖度の高いイモを原料に、、大鍋に水と皮をむいたイモを入れ長時間煮込みます。その後、寒風に1〜2週間さらして完成。食感・食味ともよく、県内外にて高 値で販売されています。道の駅ふれあいパーク・大月では、12月から2月まで、ひがしやまの中でも高級品として「風芋」のネーミングで販売されています。
へら寿司 さつま汁 ひがしやま
へら寿司 さつま汁 ひがしやま
■こんな人まってます
・大月町が大好きな人
・自然が大好きで、自然の中で生活してみたい人
・地域の活動に積極的に参加してくれる人
▲ページのトップへ