自然エネルギー 合同会社クールアイランド 代表 平井政志さん、みのりさん 高校生の息子さん、猫一匹

.

ホーム > 自然エネルギー 合同会社クールアイランド 代表 平井政志さん、みのりさん 高校生の息子さん、猫一匹

担当 : まちづくり推進課 / 掲載日 : 2018/03/23

平井政志さん、みのりさん

自分のやりたいことが叶った

自然エネルギー 合同会社クールアイランド 代表
平井政志さん、みのりさん
高校生の息子さん、猫一匹

平成25年3月に大阪府からIターン


移住までのいきさつは?

僕は昔から自然エネルギーに興味がありました。
大学を卒業して会社に入りましたが、会社の景気が落ち込み気味になってきたタイミングで東日本大震災が起こりました。その時が家族に自分のやりたいことについて話をする良い機会になり、移住を考え始めました。
自然の多い高知県に…と漠然と考えていて、小水力発電の話を聞き、水、自然が多いと幡多地域の話を聞いたのが大月町を知るきっかけでした。
空き家情報は4〜5年前は無く、不動産屋さんを介して大月町の今の家を借りました。海と山、どちらもあるのが良かったですね。

大月にした決め手

震災の影響で津波を心配していたので、大月町は中心部は海抜も高いためここに決めました。子どもの学校や買い物が近くで出来る生活の便利さも良かった点です。

住んでみて分かったこと

毎日びっくりする事が多くありました。文旦のたくさん入った大きな袋(45ℓ)を2つも下げて歩いている人がいたり、結婚式に呼ばれたときは、始まりの挨拶もなく食べ始めていたり・・・!
地域の方言(幡多弁)の早口、疑問形を解読するのには時間がかかりました。はじめは会話が食い違うことが何度もありました(笑)

移住前とのギャップ

南国だと思っていたら、冬は寒かったところですかね。
田舎だから野菜・魚が安いと思っていましたが、旬じゃない果物・野菜、メジャーな魚はそうでもなかった。でも、地元で作れる野菜等は安い!自分でも作りますし、ご近所からもいただくので家にたくさんあります。
近所の海へ釣りや海水浴等に行けるかと思っていましたが、仕事が忙しく、なかなか行けていないのが残念です。
最初はウェイトレスの仕事をしていたのですが、今は文旦収穫の仕事をしています。自然に囲まれてする作業は気持ち良いです。ネット環境が整っていることも、とても良かったですね。

移住前にしておけば良かった事

中学校の部活動の種類が少なく、運動系の多さに驚きました。教育事情を調べておけば良かったです。
逆に移住後で良かったなと思ったのは車の運転。(ペーパードライバーだったので)大月に移住してからはじめました。車が少なく渋滞のない田舎の広い道で車に乗りはじめたのが、自分にはよかったかなと思っています。

移住を考えている方へのアドバイス

ここは、仕事の種類や数が少ないけれど、50代でもパートで働ける場所があるので心配はいらないですね。
都会と同じ価値観で来ると、映画館や雑貨店など娯楽はほとんどありません(笑)。
自分で娯楽や楽しみを作るくらいの気持ち、エネルギッシュさがあれば大丈夫だと思います。
例えば、自分で家を直したり(DIY)していけば、家の維持費も浮きますし。
高知市・松山市に行くには片道約3時間。バスの本数も少ないですが、慣れると意外に気にならなくなります。高知市や四万十市に一回移住してから大月に来る、というような2段階移住も良いかも。先輩移住者の話を聞けると色々とわかりやすいかもしれないですね!



PAGE TOP