大月町
トップ  >  お知らせ
農業委員および農地利用最適化推進委員を募集します
農業委員会等に関する法律の改正により、農業委員の選出方法が公選制から任命制に変更されました。
また、新たに農地利用最適化推進委員が新設されました。
新しい農業委員および農地利用最適化推進委員を次のとおり募集します。
農業委員の要件
農業に関する見識を有し、農地等の利用の最適化の推進に関する事項および農業委員会の所掌に属する事項に関し、その職務を適切に行うことができる者



農地利用最適化推進委員の要件
農地等の利用の最適化の推進に熱意と識見を有する者
※農地等の利用の最適化とは、
 @担い手への農地利用の集積・集約化
 A遊休農地の発生防止・解消
 B新規参入の促進
 のことです。


項目 農業委員 農地利用最適化推進委員
募集人数 7名 7名
募集方法 個人や法人・団体からの推薦および個人による応募
職務 農地等の利用の最適化の推進に関する事項
農業委員会の所掌に属する事項
担当区域内での農地等の利用の最適化の推進
資格 次の全てに該当すること
1 公租公課(※)に滞納がないこと
  ※町県民税・固定資産税・軽自動車税・国民健康保険税・介護保険料・
    後期高齢者医療保険料・保育料・水道使用料
2 農業委員会等に関する法律第8条第4項各号(※)に該当しないこと
  ※@破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者
    A禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
申込方法 推薦者は推薦書、応募者は応募申込書に同意書および候補者の住民票(本籍が記載されたもの)を添付して、農業委員会事務局まで持参するか、もしくは郵送してください。
募集期間 平成29年4月3日(月)〜平成29年5月2日(火) ※最終日必着
任期 平成29年7月20日〜平成32年7月19日 選任された日〜平成32年7月19日
報酬
(日額)
会長 13,000円
委員 11,000円
委員 11,000円
選任方法 受付期間中と受付終了後に推薦および応募の状況を公表し、候補者の審査を行い、町議会の同意を得て町長が任命します。  受付期間中と受付終了後に推薦および応募の状況を公表し、町農業委員会で選出して委嘱します。
その他 @農業委員と農地利用最適化推進委員との兼務はできません。
 ただし、同時に推薦・応募はできます。
A推薦書および申込書の内容は、住所・生年月日・電話番号・農業所得額を除き、
 ホームページ等で公表します。
B身分は非常勤の特別職の公務員となり、業務には守秘義務が伴います。
農業委員の定数の過半数は、認定農業者でなければならないと定められています。
また、農業委員には農業に従事していない者が含まれるようにしなければならないと定められています。
大月町を7区域に分け、各区域から1名を委嘱します。
区域分け等の詳しい内容は、下記の「農地利用最適化推進委員の担当区域および定員」をご覧ください。
推薦書および応募申込書は町ホームページからダウンロードできます。  
また、農業委員会事務局にも備えてあります。
問い合わせ先 大月町農業委員会事務局 TEL:73−1115
◎農地利用最適化推進委員の担当区域および定員
地区番 担当区域 定員
1 馬路・田城・成畑・芝・本田・添ノ川 1人
2 長沢・地吉・笠木・大駄場、泊浦 1人
3 郷・亀尾・清王・鉾土 1人
4 頭集・平山・古満目、柏島・一切・安満地・橘浦 1人
5 龍ヶ迫・本村・内平・白浜 1人
6 小才角・才角・大浦・月ヶ丘・春遠・唐岩 1人
7 姫ノ井・赤泊・西泊・樫ノ浦・周防形 1人
◎農業委員
個人からの農業委員候補者推薦書および同意書(PDF)
法人または団体からの農業委員候補者推薦書および同意書(PDF)
個人による農業委員候補者応募申込書および同意書(PDF)


◎農地利用最適化推進委員
個人からの農地利用最適化推進委員候補者推薦書および同意書(PDF)
法人または団体からの農地利用最適化推進委員候補者推薦書および同意書(PDF)
個人による農地利用最適化推進委員候補者応募申込書および同意書(PDF)
▲ページのトップへ