国民年金について

ホーム > 国民年金について

担当 : 町民福祉課 / 掲載日 : 2018/03/06

国民年金は、日本国内に住むすべての人が20歳から60歳になるまで加入する制度です。公的年金に加入し、保険料を納めることで、年をとったときや、病気やケガで障害が残ったとき、家族の働き手が亡くなったときに、年金を受け取ることができる制度です。

加入者の種類

(1)第1号被保険者

自営業・農林漁業者・学生・無職の20歳以上60歳未満の方

(2)第2号被保険者

会社員・公務員など厚生年金保険や共済組合等に加入している方

(3)第3号被保険者

厚生年金保険や共済組合等に加入している方(第2号被保険者)に扶養されている配偶者で20歳以上60歳未満の方

(4)任意加入被保険者(希望で加入する方)

  • 日本に住所のある60歳以上65歳未満の方
  • 海外に在住している20歳以上65歳未満の日本国籍を有する方
  • 60歳未満で厚生年金や共済組合から老齢(退職)年金を受けている方
  • 昭和40年4月1日以前生まれで、満65歳の時点において老齢基礎年金の受給資格期間が不足している方(65歳以上70歳未満の方)

このページに関するお問い合わせ

町民福祉課


Tel:0880-73-1113 

お問い合わせ



PAGE TOP