新型コロナウイルスワクチンについて

ホーム > 新型コロナウイルスワクチンについて

担当 : 保健介護課 / 掲載日 : 2021/09/10

新型コロナワクチン個別接種について

 ワクチン未接種の方を対象とした個別接種を実施します。

 

【対象者】     大月町にお住まいのワクチン未接種者

【場 所】   大月病院 外来

【受付時間】  15時

【費 用】   無料

【予約開始】  令和3年8月10日から (完全予約制)

【予約申込先】 大月町保健介護課 73−1365

 

【ワクチン接種日】

 2回目の接種は1回目接種から3週間後となります。2回接種できる日程での予約をお願いします。

令和3年

令和4年
 8月23日(月)  1月17日(月)
 9月 6日(月)  2月 7日(月)
 9月13日(月)  2月28日(月)
 9月27日(月)  
10月 4日(月)  
10月25日(月)  
11月15日(月)  
12月 6日(月)  
12月27日(月)  

※予約された方には、接種券等必要書類と説明書を送付します。

 

 

 

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

 海外の渡航する際に、渡航先での防疫措置の緩和等を目的として、「新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)」を交付します。

 申請は令和3年7月26日(月)より、受け付けています。

 

申請できる方

 接種証明書は、当分の間、以下の条件にすべて当てはまる方を対象とします。

(1)大月町の接種券で新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を受けている方

(2)接種証明書を所持していることより、防疫措置の緩和が受けられる国へ渡航する方

※大月町の接種券を使用した接種のみ証明書の申請を受けることができます。1回目接種と2回目接種で接種券を発行した市町村が異なる場合は、それぞれの市町村に申請する必要があります。

 

新型コロナウイルスワクチン接種証明書が必要な国・地域について

外務省ホームページをご参照ください。

 

申請に必要な書類

本人が申請する場合 

新型コロナウイルス感染症

予防接種証明書交付申請書

申請書(PDF:55KB)

 

※印刷してご利用ください

旅券(パスポート)の写し

有効期限の切れていないもの

接種済証または接種記録証の写し

写しがない場合は、予診票の写し等、接種事実が分かる書類をお持ちください。

個人番号が分かる書類

マイナンバーカード等

返信用封筒(郵送を希望する場合)

原則、申請者の住民登録のある住所へお送りします。封筒には、住所と宛名、84円の切手を貼付し、速達等を希望される場合は、必要分の切手を貼ってお持ちください。

送付先が異なる場合は、保健介護課までご連絡ください。

 

代理人が申請する場合

本人以外の方が申請する場合は、申請書類のほかに委任状や代理人の本人確認ができる書類が必要となります。

委任状

委任状(PDF:44KB)

 

※印刷してご利用ください

代理人の本人確認書類の写し

マイナンバーカード、運転免許証、保険証等

返信用封筒(郵送を希望する場合)

原則、代理人の住民登録のある住所へお送りします。封筒には、住所と宛名、84円の切手を貼付し、速達等を希望される場合は、必要分の切手を貼ってお持ちください。

送付先が異なる場合は、保健介護課までご連絡ください。

その他、必要書類のことでご不明な点については保健介護課までご連絡ください。

 

ワクチン接種後の生活について

 ワクチン接種をした後も感染予防行動の継続をお願いします。

 新型コロナウイルスワクチンは、感染症の発生と重症化を予防する効果がありますが、他人への感染をどの程度防げるかはまだ分かっていません。

 また、発生予防効果も100%ではないといわれています。

【主な感染予防行動】

 

感染予防行動

ワクチン接種について

ワクチン接種で期待される効果

(1)感染症予防

  接種した人が感染しない

(2)発症予防

  発生者が減少

(3)重症化予防

  死亡・入院等の重症患者が減少

(4)集団免疫効果

  予防接種した人が増えることで、接種していない人でも発症が減少する

 

ワクチン接種後の副作用

 ワクチン接種をすることで、体に免疫反応を起こし、それによって感染症の発生を防ぐ効果がありますが、この時に免疫ができる以外の反応が発生することがあり、副反応といいます。

 新型コロナウイルスワクチンにおいても副反応が発生することがあります。

 

主な副反応

接種後、数日以内に現れる可能性のある症状

(1)接種部位の痛み、倦怠感、頭痛

(2)筋肉痛、悪寒、関節痛、下痢、発熱接種部位の腫れ

(3)吐き気、嘔吐

これらの症状は、接種後1〜3日以内に回復します。

1回目接種より、2回目接種のほうが副反応が出やすいと言われています。

接種後、すぐに現れる可能性のある症状について

(1)アナフィラキシー(短時間で起こるアレルギー症状)

   じんま疹や皮膚のかゆみ等の皮膚症状、腹痛や嘔吐、息苦しさなどが急に起こる

     血圧低下や意識レベルの低下を伴う場合をアナフィラキシーショックという

(2)血管迷走神経反射

   ワクチン接種に対する緊張や痛みにより発生する、立ちくらみ等の症状 

これらの症状は、接種後1〜3日以内に回復します接種後、会場で15〜30分間の経過観察を実施し、アナフィラキシーが現れた場合は、会場の医師等で必要な処置を行います。

 

予防接種健康被害救済制度について

 予防接種法に基づく予防接種を行い、健康障害(病気や障害が残る)が生じた場合は医療費等の給付が受けられる救済措置が設けられています。

 新型コロナワクチンを接種したことにより健康障害が生じたと厚生労働省が認めた方についても、救済給付を受けることができます。

 救済給付の申請窓口は市町村となっていますので、保健介護課までご相談ください。

予防接種健康被害救済制度について(厚生労働省ホームページ)

 

相談先

大月町保健介護課

・ワクチンの管理、医療機関等からの問い合わせ

・新型コロナワクチン接種の接種券のことについて

(例:町外で接種したい、接種券の紛失、再発行)

・接種後の副反応等の健康状態に関する相談

【電話番号】 0880−73−1365

【FAX番号】0880−73−1613

【受付時間】 8時30分から17時15分(土、日、祝日は除く)

 

高知県新型コロナウイルスワクチン専用相談電話

 ワクチンを接種した後に副反応を疑う症状があった場合に関する問い合わせについて、看護師などの専門職が対応します。

【電話番号】 088−823−9889

【受付時間】 9時00分から21時00分(土日祝日を含む)

※聴覚や言語の障害等で電話で相談ができない場合はFAXを利用することができます。

FAX番号】088−873−9941(返信先のFAX番号の記載をお願いします。)

 

厚生労働省新型ワクチンコールセンター

  新型コロナワクチン施策の在り方等に関する問い合わせ窓口

【電話番号】0120−761770(フリーダイアル)

【受付時間】9時00分から21時00分(土日祝日含む)

聴覚に障害のある方は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページをご覧ください。

 

参考リンク先

新型コロナワクチンについて(厚生労働省ホームページ)

新型コロナウイルスワクチン接種について(高知県庁ホームページ)

コロナワクチンナビ(厚生労働省)

首相官邸ホームページ

新型コロナワクチンの予診票・説明書・情報提供資材(厚生労働省)

副反応について(日本医師会パンフレット)

 


このページに関するお問い合わせ

保健介護課


Tel:0880-73-1365 

お問い合わせ



PAGE TOP