「手間と時間をかけて自分と静かに向かい合う豊かな生活」

.

ホーム > 「手間と時間をかけて自分と静かに向かい合う豊かな生活」

担当 : まちづくり推進課 / 掲載日 : 2021/02/25

手間と時間をかけて自分と静かに向かい合う豊かな生活

手間と時間をかけて自分と静かに向かい合う豊かな生活♪

芳賀 順之さん・尚子さん

令和2年6月に名古屋からIターン



*

移住前は大月町の自然が大好きすぎて、週末になると名古屋から車でドライブ感覚?で来られていた、とても元気なお二人。
いつも素敵な笑顔で、今ではもうすっかり地区に馴染んでいるようです。


*

*

*

*

*

*


移住までのいきさつは?

大学時代に遊びに来た時に出会った柏島の素晴らしい海を妻にも見せたくて二人で旅行に来ました。

妻も美しい自然に感動してくれて、とても満たされた時間だったことを覚えています。

そして翌年もまた柏島の海に潜りに来たのですが、その時にこんな素晴らしいところに住めたらいいねという話がきっかけで、移住を本気で考えることとなったのです。

大月にした決め手

大学時代に先輩方に誘われて、柏島にスキンダイビングとキャンプをしに来ました。

それまで伊豆の海しか知らなかった僕は、あまりの海の美しさと豊かさとにとても感動してしまいました。

自然豊かなところで暮らしたいと思い、日本各地いろいろなところを見て回っていたりもしていたのですが、大月町で出会った人たちもとてもやさしく人がいいので、ここなら住んでも安心かなと思いましたね。

今現在はどんなくらし?

地元の魚屋さんで魚を加工するアルバイトをしながら、往診の鍼灸院を開業しています。

休日は船にのせてもらったり、釣りや素潜りに出かけて海を満喫しています。

家の庭では家庭菜園を楽しんでいて、初めて作った大根がおいしくできてうれしかったですね。

魚のさばき方も覚えて自分で干物を作ったり、移住する前より断然魚を食べる日が増えました。

薪風呂なので薪を焚いて入りますが、身体が芯から温まりまるで温泉に入っているかのようです。

住んでみて分かったこと

思ったより冬が寒く、南国のイメージが崩壊しました。

それでも一年中海に潜っている人がいたり、新しい世界に驚きの連続です。

まだ移住してきて日が浅いですが、何よりも人がやさしくてとても暮らしやすく気に入っています。

区長さんをはじめ、ご近所のみなさんにとても気にかけていただいていて、安心して過ごすことができています。

これからまだまだ知らない大月町を発見するのが楽しみです。幡多弁もマスターしたいですね。

移住前にしておけば良かったこと

移住前に仕事を決めておくと、移住した後も安心でした。

取ろうと思っていた資格は移住前に取っておけばよかったです。

都市部に出るのはとても遠いので大変です。

移住を考えている方へ

やさしい人たちに囲まれた素敵な環境がここにはあります。

安心して移住してきてほしいです。

手間と時間をかけて自分と静かに向かい合う豊かな生活を楽しんでください。



PAGE TOP